« | メイン | ふと思った »

2017年2月 8日 (水)

 当校コース内の雨水排水用の貯水池の土手に、今年もフキノトウが芽を出しています。又今年も、あの”ほろ苦い”春の味を楽しめそうです。

 やはり、天婦羅が個人的には好みですが、子供の頃は苦さがダメで、もっぱら甘い味にした味噌にして食べるのが好きでした。子供でも食べれるように、母親が砂糖を多めにして作ってくれていたんだろうなと、今は亡き母親に感謝しています。

 今や、スーパーマーケットでもどこでも手に入る物になりましたが、田舎に育った小生は、お金を出して食べるのは抵抗があるほど、とても身近な「野に山に出てくる”季節物”」です。

 母親の味を求めて、weepまた食べてみます。      では!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/242091/34039231

を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿